〒292−0838
千葉県木更津市潮浜1−17−59 木更津商工会館4階
TEL 0438−37−7720  FAX 0438−37−7740
E-Mail ki.houjn@gaea.ocn.ne.jp
HOME > 会長挨拶
会長挨拶 
 
 会長
公益社団法人 木更津法人会 
会長 青木 和義 

「次代(みらい)へ繋(つな)ごう 先人(せんじん)の理念(おもい)」
引き続き会長職を務めさせていただきます(有)アオキの青木和義でございます。
日頃、会員の皆様には、法人会活動にご理解とご協力を戴き感謝申し上げます。 さて、法人会は、昭和22年4月の法人税の賦課課税制度から申告納税制度への移行を契機に、申告納税制度の定着を図るため、税知識の向上を目的に自発的に組織化されました。 そして「税のオピニオンリーダとして、企業の発展を支援し、地域の振興に寄与し、国と社会の繁栄に貢献する。」という法人会の理念は、先人たちのご尽力により着実に受け継がれ、公益法人として生まれ変わった今も、「税」の分野を中心に「企業」や「国家」、そして「社会」への貢献を目指して活動しています。 私ども木更津法人会も、公益社団法人に移行し今年で7年目を迎えましたが、多くの方々の善意とご尽力に支えられ、常に目的意識をもって成長、発展をし、多彩な活動を通じ地域に広く認知され評価をいただいています。

税を考える週間に開催される「公開講座」は16回を数え、青年部会が展開する「租税教室」や「税金クイズ」等は申告納税制度の普及啓蒙に欠かすことのできない、法人会の看板事業の一つとして定着しています。 また、29年度から取り組みが始まった、女性部会による小学生を対象とした、租税教室と絵葉書コンクールや、税制委員会による税理士会にご協力を戴いたクイズ形式の「税制セミナー」など、税をテーマとする団体として相応しい活動をしています。 また、公益法人として力を入れるようになった社会貢献活動も、子供達を裸足で遊ばせたいという思いから始まった「芝生化プロジェクト」は、今年で10年目を迎え既に22か所以上を芝生化しました。 青年部会による、「ウィルチェアラグービー」や「キッズフェス」、そして女性部会による「東北支援活動」なども成果を上げています。 多くの会員企業が参加する各種行事は、異業種交流の場としても活用されています。また、企業経営に役立つ知識や情報提供を行う各種セミナーも数多く実施され好評を頂いています。

私は、このように多くの会員のご理解とご尽力により、成熟しているといっても過言ではない木更津法人会の活動が、未来永劫に続く様、この2年間を組織の体制づくりにこだわりを持って取り組みたいと思います。

先人(せんじん)の理念(おもい)を次代(みらい)へ繋(つなぐ)ぐために、皆様のご理解とご協力を宜しくお願い致します。